2019年10月29日

基本のテーブルマナー《和食編》★ユースプレイスin会津

街路樹のハナミズキの葉も

日増しに色濃く染まってゆき、

舞い散る落ち葉に

秋の深まりを感じる今日この頃…

 

みなさま いかがお過ごしでしょうか?

 

今回の講座では、和食のテーブルマナーの

基本について学びました。

 

早速ですが、

器の正しい置き場所に自信のある方は?

 

こちらが正解の写真です。

(※地域によって違いがあります)

        ↓

ポイントは…

メインのおかずは右上に置くというところ。

スタッフ家では、

真ん中にド〜ンと置いてました( ;)

 

参加者さん達にも、それぞれ自分が思う場所に

器を置いてもらいました。

みんなに見られると

緊張しちゃいますよね(*’ω’*)

実際にやってみることが覚える秘訣です。

 

次はお椀の持ち方です(^_-)-

このように両手で持ち上げましょうね。

お箸を持つ時は「三の手」と言って、

まず右手を離し(右利きの場合)、

箸置きからお箸を取ります。

左手の小指と薬指でお箸の先を挟み、

右手をお箸の下へ持って行き、

お箸を持ちます。

お箸を置く時は、

この逆の動作で置きましょう。

 

ちなみに外食先で箸置きが無いときは、

箸袋で簡単に作れます。

縦に1回、横に1回折るだけ(^_^)/~

      ↓

食事が終わりましたら、

箸袋の半分まで箸を差し込み

袋の半分を折り返します。

お食事が終わったサインになります。

これで一目置かれること間違いなしですね!!

さて、

参加者さん達にテーブルマナーで思いつくことを

お聞きしました。

たくさん挙げていただき、

ありがとうございました(#^.^#)

 

食べる行為の基本マナーや

お箸でやってはいけないこと、などなど

目から鱗の内容を学ぶことが出来ました。

最後にみんなで折り紙で作る箸袋を作りました。

パッと食卓が華やぎますね(=゚ω゚)

テーブルマナーは

特別な日だけのものではありません。

一緒に食事をする人同士がお互いに

気持ち良く食事を囲むことができるように、

食事や食材を作ってくれた人に感謝の気持ちを

表す「感謝のふるまい」です。

 

基本のテーブルマナーを身につけて、

お食事美人・美男を目指しましょう♪

 

 

ユースプレイスでは、講座や様々な活動を開催しております。

みなさまのご参加をお待ちしております。(*^∇^*)☆・゚:* 

 

 

ユースプレイスの利用には登録が必要です。

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先:受託団体:一般社団法人 福島県若年者支援センター

0242367077(受付:月〜金 10001800

 

いつもブログをご覧になってくださるみなさまへ 

ユースプレイスは会津若松市だけでなく、

喜多方市と南会津町でも開所しております。

どこのユースプレイスも、元気に活動しています!! 

 

こちらのブログもぜひご覧くださいませ(*^^)v

ユースプレイスin南会津

 

ユースプレイスin喜多方

 

-->
posted by YP-Aizu at 16:09| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: